芳野病院の歴史

2013年当院は創立100周年を迎えました。

 大正2(1913)年11月、若松市明治町(当時)に芳野三郎が芳野病院開業。昭和30年に芳野敏章が引継ぎ、「地域に奉仕」を病院の理念とし、100年にわたり地域医療活動を行ってきました。
 平成9年9月、芳野元に院長交代。そして平成15年8月、医療法人寿芳会を設立し新たなスタートをきりました。現在地域に密着した医療や介護を提供しています。

    ※芳野病院100年の歩み(年表・ストーリー)へ 

大正2年開業時(右=芳野三郎) 大正時代の手術風景 昭和初期の外来
大正2年開業時の写真   大正時代の手術風景の写真   昭和初期の外来の写真
昭和30年代(芳野敏章) 昭和42年頃 平成12年3月
昭和30年代(芳野敏章)の写真   昭和42年頃の写真   平成12年3月の写真
平成15年8月(増築棟屋上庭園) 平成15年8月(正面玄関) 平成15年8月(正面玄関)
平成15年8月(増築棟屋上庭園)の写真   平成15年8月(正面玄関)の写真    

ページの先頭に戻る

Copyright(C) YOSHINO HOSPITAL. All rights reserved.