HOME > 子育て支援・子育て応援

子育て支援・子育て応援



個々の職員のニーズに合った環境で、それぞれがその能力を100%発揮できるように…

当院では、人材=人財であると考えます。職員1人1人がそれぞれ特色ある技術や能力を持っていますので、簡単に他の誰かが代わることはできません。せっかく縁あってここで採用した職員が、結婚や出産を機に退職しなくてすむような方法をと考えたのが、子育て応援宣言を始めとした様々な取り組みです。
今後も子育て世代も含め、世代を超えた全ての職員にとってワークライフバランスが実現しやすい環境づくりに力を注いでいきたいと思っています。

 参考:第6回ワーク・ライフ・バランス大賞 優秀賞を受賞して福私病ニュース平成25年10月号

当院の「子育てを支援」等制度

※「次世代育成支援行動計画」を策定(平成17年4月)(平成20年3月更新策定)

1. 「育児休業取得率の向上」(平成17年4月)
女性の育児休業取得率70%以上、男性は1人以上取得を目標。
平成19年5月現在、女性の育児休業復帰率は100%、平成19年10月に男性の育児休業取得。
2. 「常勤短時間勤務制度」を導入(平成17年8月)
出勤・退勤30分単位で1時間の短縮勤務が、小学校就学2年生前まで取得可能。
子供の長期休暇(例、夏休み)のみの取得も可能。職員の家庭環境に個別対応。
3. 「ノー残業デー」を設定・変更・・・月1日を月3日へ(平成17年11月・12月)
当初、月特定の1日設定を、月3日のうちいずれかの日の選択へ変更。
4. 「連続休暇取得奨励規定制度」導入(平成18年4月)
子育てやリフレッシュに活用してもらうため、年一回1週間の連続休暇を奨励。

※「次世代育成支援行動計画」を更新策定(平成23年4月)

  計画期間…平成23年3月1日から平成27年2月28日までの4年間

1. 計画期間内に、育児休業の取得状況を次の水準以上で継続する。
男性職員1人以上取得すること。女性職員取得率を70%以上とすること。
 《対策》
 ・平成23年3月…育児休業中の職員に対する病院の現状が把握できる資料の送付
  (毎月1回)を継続して実施する
 ・平成23年10月…男性の育児休業について、より取得しやすい風土を醸成するため、
  啓発記事を役職者(主任以上)全員へ配布する
2. 多様な働き方の受容のため、ワーク・ライフ・バランスについての研修(情報提供)を新入
 職オリエンテーション時に実施する。
 《対策》
 ・平成23年3月…オリエンテーション資料について検討
 ・平成23年6月~ オリエンテーションの実施
     

※「次世代育成支援行動計画」を更新策定(平成27年2月)

  計画期間…平成23年3月1日から平成27年5月11日までの4年2ヶ月間
  ※法律の改定に準じて計画期間のみ変更しました。
    
1. 計画期間内に、育児休業の取得状況を次の水準以上で継続する。
男性職員1人以上取得すること。女性職員取得率を70%以上とすること。
 《対策》
 ・平成23年3月…育児休業中の職員に対する病院の現状が把握できる資料の送付
  (毎月1回)を継続して実施する
 ・平成23年10月…男性の育児休業について、より取得しやすい風土を醸成するため、
  啓発記事を役職者(主任以上)全員へ配布する
2. 多様な働き方の受容のため、ワーク・ライフ・バランスについての研修(情報提供)を新入
 職オリエンテーション時に実施する。
 《対策》
 ・平成23年3月…オリエンテーション資料について検討
 ・平成23年6月~ オリエンテーションの実施
     


Copyright(C) YOSHINO HOSPITAL. All rights reserved.