HOME > 看護部 > 看護部紹介 > 看護部NEWS

看護部NEWS

News&Topix_1

 看護部では、年1回クリニカルラダーのレベルに応じて“BLS(一次救命処置)研修”を実施しています。直近では昨年12月に行いました。とかく慌ててしまいがちな急変時も、すばやく適切にチームで対応できるように努めています。(H25.12)

 

 平成25年10月23(水)~24日(木)の2日間、若松高校2年生参加による恒例の“インターンシップ”がありました。
 参加した学生は看護師の指導のもと、「手浴」や「足浴」、血圧測定等の看護体験や患者さんとの話の中で、将来の職業選択につながる時間となりました。
 2日間の体験では、なかなか緊張感も取れませんでしたが、どの学生も「将来は看護師になる」という強い意志が伺え、頼もしく思えました。

インターンシップ_01 インターンシップ_02

 全員揃って、ハイ・ポーズ!

 楽しい看護体験でしたよ!

インターンシップ_03 インターンシップ_04

 頑張って看護体験してくれたことに
 賞状授与

 指導者から“頑張ってね”のエール

 今年のオープンホスピタル (H25.9.18)では、“集まれ 未来の看護師”をテーマに看護学生と先輩看護師との語り合いや実際の仕事を体験する研修を開催。地域の看護学校から16名の看護学生の参加がありました。
 緊張した表情、手つきでしたが、「点滴」「筋肉注射」「感染-手洗い法」「医療機器の操作」などの体験後、懇親会を行いました。最後はとても和やかな雰囲気で終えることが出来ました。

オープンホスピタル看護部_01 オープンホスピタル看護部_02

 初めての点滴の準備です。
 さぁー頑張って!

 医療機器にも興味津々。
 「ワァー血管が見える。スゴイ」

オープンホスピタル看護部_03 オープンホスピタル看護部_04

 初めての筋肉注射。
  「初めてシリンジを持ちます」

 セミナー終了後は楽しかったことの
 体験で話は盛り沢山でした。

 3B(回復期リハビリテーション)病棟で、敬老の日を前に平成25年9月8日に、「めざせ!!長寿で健康アップ」というイベントを開催しました。
 年祝いの表彰から始まり、ボランティアの方による日本舞踊の披露、リハビリに特化した輪投げや盆踊りなど、ご家族の方も参加され、ご一緒に喜んでいただけました。
 患者さんから、「入院中に、こんなお祝いをしてもらえるなんて思わなかった。長生きして良かった。」や、「明日からのリハビリも頑張る。」などの、喜びの声を聞くことが出来ました。

3Bイベント_01 3Bイベン_02

 一筆入魂!

 患者様と協力して作成しました。

3Bイベン_03 3Bイベン_04

 とても素敵ないい笑顔!

 久しぶりの炭坑節に張り切りました!

 平成25年7月22日(月)~8月2日(金)の10日間、折尾愛真高校の看護科3年生(15名)の実習を受け入れました。患者さんとのコミュニケーションや、日常生活での援助方法についての実習を行いました。最初は緊張していましたが、次第にうちとけて患者さんと笑顔で会話をしている様子も見られました。反省会では“丁寧で親切な指導をして下さり、とても感謝しています。この経験を生かし、今後も患者さんにとって何が必要なのかを常に考えながら勉強を続けていきたいと思います。”という嬉しいコメントを頂きました。

 

 平成25年5月20日(月)~6月14日(金)の4週間にわたり平成25年度の基礎看護実習がありました。
3A病棟・3B病棟・2B病棟で15名ずつの実習でした。どの学生も初めての看護実習とあって、最初は、とても緊張して患者さんと話していましたが、実習するにつれてその緊張もほぐれ、笑顔で患者さんに接している学生を見受けました。実習最後の日には、“看護師や患者さんから優しくしてもらい、楽しく実習することができました。”との感想が聞かれました。

 

 平成25年2月23日に平成24年度に入職された新卒看護師2名を対象に“めぶき”を開催しました。めぶきとは、看護部で行われる新人1年目の振り返り研修のことで今年で5回目となります。看護師として1年間の成長が伺え、感慨深い研修でした。

 

Copyright(C) YOSHINO HOSPITAL. All rights reserved.